SHOBU(しょうぶ学園)
topimage
| NEWS | SHOBU STYLE | キャンパスデザイン | 太陽会 | お問い合せ | 募集案内 | リンク | サイトマップ |

ささえあうくらし 地域生活支援センター しょうぶ学園 Do しょうぶ つくりだすくらし 工房しょうぶ 作家と作品 クラフトワーク nui project otto & orabu つながりあうくらし パスタ&カフェ Otafuku パン菓子 ポンピ堂 そば屋 凡太 地域交流スペース Omni House クラフトショップ ル・デポ Sギャラリー   企画・イベント 展覧会 出版物プレスEnglish site
SHOB FRIENDSHIP CLUB twitter shobu_facebookgood_design good_design

title

しょうぶ学園のものづくり展 〜タロケイ7ねんさい〜

以下、タロケイさまDMより

鹿児島市の中心部から東北へ10キロ、吉野大地の一角にしょうぶ学園はあります。四季折々の風景とゆたかな自然環境の中、1973年に知的障がい者援護施設としてスタートしました。1985年より、作業活動を「工房しょうぶ」として開始、与えられることから、つくり出すことへと転換し、下請け的な生産からさらに自由に生み出される「ものづくり」の環境へと変化をしていかれました。木・布・糸・土・紙・食・農園と、施設の中には様々な工房が点在し、そこでは園の利用者さんたちが思い思いに自由に制作表現活動をしています。スタッフのみなさんは、その自由を見守り寄り添い、対話やコミュニケーションを交わして行きながら工房からたくさんのクラフト作品が生まれています。学園にはじめてお邪魔した時に、利用者さんの制作風景を見せていただくことができました。手を動かしているその姿はとても純粋で無垢であり、迷いはなく「今、こうしたい」その瞬間の手作業に向かう目は本当にきれいに輝いていました。上手く作品をつくろうとする作為はそこにはなく、今を幸せに生きようとする人間のピュアな部分が見えました。

今回の、「しょうぶ学園のものづくり展」では、そんな園のみなさんの自由で純粋で力強いクラフト作品の数々が並びます。また、食の工房であるパン菓子ポンピ堂さんからは、石臼焼きの粉を使用した焼き菓子がやって来ます。作品と一緒にこちらもぜひご賞味いただけたらと思います。

会期のオープニング10/26土曜には「庭禾」さん・最終日クロージングの11/3日曜には、 「いたまど屋」「Barrack」さんのフード出店がございます。約一週間と会期は限られますがぜひ鹿児島のしょうぶ学園の創造の森の空気を、少しでも感じていただけたら幸いです。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

タロケイ「みちば屋」

■日時:2019年10月26日(土)〜11月3日(日)11:00〜16:00
*期間中お休みはありません

■会場
〒489-0805 瀬戸市陶原町6-19 タロケイ「みちば屋」 0561-76-1650

>>タロケイさまFacebookページ

▲ページのトップへ

 


Copyright © Shobu 2009 All Rights Reserved.