SHOBU(しょうぶ学園)
topimage
| NEWS | SHOBU STYLE | キャンパスデザイン | 太陽会 | お問い合せ | 募集案内 | リンク | サイトマップ |

ささえあうくらし 地域生活支援センター しょうぶ学園 Do しょうぶ つくりだすくらし 工房しょうぶ 作家と作品 クラフトワーク nui project otto & orabu つながりあうくらし パスタ&カフェ Otafuku パン菓子 ポンピ堂 そば屋 凡太 地域交流スペース Omni House クラフトショップ ル・デポ Sギャラリー   企画・イベント 展覧会 出版物プレスEnglish site
SHOB FRIENDSHIP CLUB twitter shobu_facebookgood_design good_design

title

精神科医 タナカケン氏講演会
「オランダの精神科医療におけるアントロポゾフィー医学」

●日時:2019 年10 月20 日(日)14:30 開場 15:00 開演
●会場:しょうぶ文化芸術支援センター「アムアの森」B1F アムアホール
(鹿児島県鹿児島市吉野町4011-1)

《患者がほんとうの意味で回復、エンパワメントに到達するには》
鬱や不安障害を抱えた患者が精神科病院の門をくぐるとき、そこには「医師や医療スタッフに助けてもらいたい」という期待があります。
私たちリーフェグッド・クリニックのスタッフはそれを逆転させ「あなたが私たちの〈治療活動グループ〉の中で何かできることはありますか」という問いかけから対話を始めます。患者は安全で温かく、刺激に満ちたグループのなかで作業療法、アートセラピーなどを行いながら自分の居場所を見つけ、そこから健康な面が引き出されていくのです。
このようなオランダにおける精神科医療の過去5年の改革を例にとり、その成果が精神科医療の質や現場での実施状況にどのように結実しているかをご紹介します。

●アントロポゾフィー医学とは
アントロポゾフィー=人智学。人間を身体、心、精神の統合されたホリスティックなもの(全体性)として捉え、各個人の生き生きとしたあり方を尊重する考え方。自然治癒力を高めること、ライフスタイルを改善して患者自身が自らを癒す姿勢に向かうことをベースとしている。

●タナカケン氏プロフィール

1976年ドイツ生まれ。オランダで育ち、2005年アムステルダム自由大学医学部卒。その後、急性期の危機介入などの精神科医療、気分障害、老年期、パーソナリティ障害、リエゾン、妊産婦や子どもの精神科治療にあたる。オランダ司法精神医療施設で依存症の治療、FACTの活動にも携わっている。 2013年よりリーフェグッド・クリニックに勤務。

●チケット料金:大人(高校生以上) 1,000 円(税込み・自由席) *中学生以下無料

●チケット販売場所:
・しょうぶ学園webサイト:>>チケットご購入フォーム
・しょうぶ学園事務室ほか
*下記しょうぶ学園TEL・mailでも販売を承ります。

●お問い合わせ先:
しょうぶ学園 TEL 099-243-6639
mail:omni@shobu.jp
担当:小野・堀之内

●交通アクセス:
・JR鹿児島中央駅より
鹿児島中央駅・天文館方面から南国バス利用。吉野方面、中別府団地行き・宮之浦団地行きに乗車、菖蒲谷バス停下車。徒歩1分。(天文館より30分)
・鹿児島空港より
鹿児島空港より空港リムジンバス利用。鹿児島市内方面、吉野(早馬)バス停下車。南国バス乗り換え、
中別府団地行き・宮之浦団地行きに乗車、菖蒲谷バス停下車。徒歩1分。(空港より50分)

*駐車場の数に限りがございます。公共交通機関をご利用になるか、お車の場合はできるだけ乗り合わせでのご来場をお願いいたします。

地図

▲ページのトップへ

 


Copyright © Shobu 2009 All Rights Reserved.