SHOBU(しょうぶ学園)
topimage
| NEWS | SHOBU STYLE | キャンパスデザイン | 太陽会 | お問い合せ | 募集案内 | リンク | サイトマップ |

ささえあうくらし 地域生活支援センター しょうぶ学園 Do しょうぶ つくりだすくらし 工房しょうぶ 作家と作品 クラフトワーク nui project otto & orabu つながりあうくらし パスタ&カフェ Otafuku パン菓子 ポンピ堂 そば屋 凡太 地域交流スペース Omni House クラフトショップ ル・デポ Sギャラリー   企画・イベント 展覧会 出版物プレス
SHOB FRIENDSHIP CLUB twitter shobu_facebookgood_design good_design

title

しょうぶ学園の写真展『創ってきたこと、創っていくこと』
〜ここには屈託のない笑いがある。〜

とき:2016年7月1日(金)~8月14日(日)
10:00~17:00 月・火休み
場所:しょうぶ学園内 Sギャラリー
入場:無料

〜エピローグ〜

彼らは、一方通行の大通りを自由に歩いている。走っても、つまずいても、寝転がってもいい。そこは信号もなければ車もない。歩いて進むための交通ルールもない。だから身を守る術を教えることはない。僕らは、いつも社会の秩序というルールに従順するためにたくさんのことを学習しなければならない。本当に自分がしたいことに抑制をかけながら困惑して楽に自由に生きていけない。

彼らには一方通行の安全な大通りが必要だ。何も学ばなくていい。彼らの感覚は実に正直で理にかなっている。僕らは自分の内面を表に出すのが下手で、何かフォーマットがないと描くことができない。しかし、そのフォーマットに踊らされ自分を失ってしまいがちになる。

僕たちは彼らの新鮮でピュアな感覚を学ぶために修行が必要だ。朝早く起きて規則正しく生活して、約束は守る。人に正直に振る舞い、真の自分を知ること。「味は舌、音楽は耳、美は目の修行となる。心ここに非ざれば、見て見えず、食えどもその味を知らず」という。

僕たちは、彼らに社会の秩序というものを教える立場ではない。彼らから精神的な秩序を学ぶべきだ。やらなければならないことは、彼らが安全に歩ける道をつくることである。

▲ページのトップへ

 


Copyright © Shobu 2009 All Rights Reserved.