SHOBU(しょうぶ学園)
topimage
| NEWS | SHOBU STYLE | キャンパスデザイン | 太陽会 | お問い合せ | 募集案内 | リンク | サイトマップ |

ささえあうくらし 地域生活支援センター しょうぶ学園 Do しょうぶ つくりだすくらし 工房しょうぶ 作家と作品 クラフトワーク nui project otto & orabu つながりあうくらし パスタ&カフェ Otafuku パン菓子 ポンピ堂 そば屋 凡太 地域交流スペース Omni House クラフトショップ ル・デポ Sギャラリー   企画・イベント 展覧会 出版物プレス
SHOB FRIENDSHIP CLUB twitter shobu_facebookgood_design good_design

title

「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ,情動の.」上映会 at 神戸、徳島

「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ,情動の.」

それは無意識の中にある、夢想であり、
純粋な創造物の物語。

2013年6月名古屋、「感じること=未来の新しいカタチが想像できるようにー」をテーマに、音楽・言葉・映像を軸に構成し、開催されたライブイベント「音パフォーマンス otto & orabu from しょうぶ学園」。

感動の公演から半年。イベント制作にあたったNPO法人 I have a dream のメンバーであり映像作家である柵木志の映像作品「so : but (and) = 1.2.3.4」が完成した。本作は、しょうぶ学園の創作活動の一つである音パフォーマンス集団「otto & orabu」をフィルターとして、純粋さに対する意識の変容について描いたドキュメンタリーフィルムである。

創ることはすなわち生きることー素直さから夢想を育む。カメラのフレームはしょうぶ学園で暮らす人々が個々で自分自身に向き合う時に聴こえる心の響きを追いかける。それぞれの思い、事情、葛藤。喜びと。すべてが多様に繋がり合いながら紡ぎだされる物語。誰かの心の響きに触れた時に発見されるお互いの姿。不揃いでも美しく共鳴し合う音楽。彼等らの日常における共鳴と彼らの音による共鳴。ステージとバックステージがクロスオーバーしながら、無意識で自由な、人と人の共振性の中で生まれゆく純粋な創造の根源に迫る。

http://sobutand1234.com

【映画上映会】「so:but[and]=1.2.3.4」&【お話】しょうぶ学園施設長 福森伸 at 神戸

とき:2015年4月17日(金)
場所:兵庫県民会館9階 けんみんホール
兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3
TEL:078-321-2131
入場料:¥1,500(当日¥2,000)
開場:18時45分 開演:19時15分
http://hyogo-arts.or.jp/arts/kai.htm

主催:ミライの学び舎

【映画上映会】「so:but[and]=1.2.3.4」&【お話】しょうぶ学園施設長 福森伸 at 徳島

とき:2015年4月18日(土)
場所:第二倉庫 アクア・チッタ
徳島県徳島市万代町5丁目71-4 万代中央ふ頭
TEL:088-679-8001
入場料:¥1,000(当日¥1,200)
開場:12時30分 開演:13時00分
http://aquacitta.com/

主催:ミライの学び舎×NPO法人アクア・チッタ×Earth at

お申し込み受付・お問い合わせについて

予約先:movie@mirainomanabiya.com
※お申し込み時に【名前・電話番号・希望日程・会場・枚数】をご連絡ください。

▲ページのトップへ

 


Copyright © Shobu 2009 All Rights Reserved.