SHOBU(しょうぶ学園)
topimage
| NEWS | SHOBU STYLE | キャンパスデザイン | 太陽会 | お問い合せ | 募集案内 | リンク | サイトマップ |

ささえあうくらし 地域生活支援センター しょうぶ学園 Do しょうぶ つくりだすくらし 工房しょうぶ 作家と作品 クラフトワーク nui project otto & orabu つながりあうくらし パスタ&カフェ Otafuku パン菓子 ポンピ堂 そば屋 凡太 地域交流スペース Omni House クラフトショップ ル・デポ Sギャラリー   企画・イベント 展覧会 出版物プレスEnglish site
SHOB FRIENDSHIP CLUB twitter shobu_facebookgood_design good_design

福森伸 初の著書 ありのままがあるところ 出版

しょうぶ学園 統括施設長 福森伸の初めての著書が出版されることとなりました。
下記リンクより発売中です。どうぞよろしくお願いいたします。

>>ありのままがあるところ 単行本

還暦を迎えた今、恥ずかしながらしょうぶ学園の本を晶文社より出すことになりました。
これまでの45年間の考え方を振り返りながら、これからは自分への戒めも含めて障がい者という枠ではなく人間について考えていきたいと思っています。
よろしければご笑覧いただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

福森 伸


title

お知らせ

しょうぶ文化芸術支援センターアムアの森

しょうぶ学園では、文化芸術活動を軸として、子ども・障がい者・地域住民の主体的な活動を推進するため、障がい者福祉事業と組み合わせた新しいアートセンターの開設をめざしています。
※2019年9月よりオープンしております。

開設に伴い、ご利用者、スタッフ募集中です。

>>しょうぶ文化芸術支援センターアムアの森 ページ

【消費税増税に伴う店舗メニューの価格変更について】

日頃よりしょうぶ学園内そば屋凡太、レストランOtafukuをご利用いただきありがとうございます。
10月1日よりレストラン営業時間(オーダーストップ)の変更と、そば屋・レストランの消費税増税に伴う値上げをいたします。

<レストラン営業時間>
変更前11:00〜17:00 → 変更後11:00〜16:00

<オーダーストップ時間>
●お食事 変更前 16:00 → 変更後 15:00
●スイーツ、ドリンク 変更前 17:00 → 変更後 16:00

<そば屋・レストランの値上げ>
●そば屋/ 食事メニュー 一律50円値上げ
●レストラン/ パスタメニュー 一律50円値上げ
*パン・菓子ポンピ堂については従来通りの価格となります。
以上、どうぞよろしくお願いいたします。

しょうぶ学園では樹木の寄付を募っています

樹木の寄付について

しょうぶ学園では、寄贈樹木の受入れを行っています。山林開発による不要樹木や引っ越しや改築のため、ご家庭で育てられなくなった樹木を相談のうえ引き取り、施設などで活用させていただきたいと考えています。

お問い合わせ先

【しょうぶ学園】
鹿児島市吉野町5066
電話:099-243-6639
Email:info@shobu.jp
受付時間:月曜日〜金曜日(日曜、祝日を除く)9時〜17時

omni ギャラリー 期間限定 CLOSE のお知らせ

誠に勝手ながら、オムニハウス内 omni ギャラリーはしばらくの間、作品保管等に使用のため、CLOSEとさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。(2017.06.08 omni house)

※Sギャラリーは通常通り OPEN しております。

職員募集のお知らせ

しょうぶ学園では、現在職員の募集を行っております。詳細は下記リンク先ページをご覧下さい。

>> 募集案内

Pick up event

神村八千代展

■日時:11月27日(水)〜2月23日(日)
*月・火 休み
■営業時間
10:00〜17:00
■会場
しょうぶ学園 Sギャラリー(鹿児島県鹿児島市吉野町5066)
■入場料
無料
■問い合わせ先
しょうぶ学園(TEL 099-243-6639)

1973年しょうぶ学園開設当時から入所寮で生活。陽気で明るくおおらかな彼女は、音楽が鳴り出すと踊り出すほどの踊り好き。40年以上にわたり日中は布の工房で活動し nui project において刺繍に没頭。その才能を発揮した。糸は、明るい派手な色糸を好んで使用し、刺し方も大胆に同じパターンで刺し進む。制作はあくまでマイペース。彼女らしく運ばれる糸は、ダイナミックでカラフルな作風を生み出した。2018年12月没。

主な出展経歴

1996「ワンダーアートコレクション」(滋賀 大津歴史博物館)
1999〜2000 工房しょうぶ アウトサイダーアート全国巡回展 >>チラシを見る
2003「fabulous fabrics: MADE IN JAPAN」(アメリカ クリエイティブグロースアートセンター)
2004「工房しょうぶ展」OUTSIDER ART COLLECTION vol.2(京都芸術大学)
2008「工房しょうぶクラフト展」(東京 GEM ART)「スーパーピュア展」(神奈川 横浜市民ギャラリーあざみ野)
2009「nui project 糸と糸の間」(栃木 もうひとつの美術館)
2010「nui project シャツ&バッグ展」(京都 ギャラリーギャラリー)
2011「百草冬百種展」(岐阜 ギャルリ百草)
2012「nui project シャツ展」(名古屋 ギャルリhu)
2013「しょうぶ学園展 細胞の記憶 表現のかたち」(京都造形大学ギャルリオーブ)
2014「しょうぶ学園展」(岐阜 ギャルリ百草)
「私と糸と針ひたすらなつみかさねのきせき展」(東京 葉月ホールハウス)
「SHOBU STYLE-工房しょうぶの仕事展」(愛知 名古屋芸術大学)
47 textiles today 東京 d47museum 東京ひかりえ
「無題」(東京 アメリカンクラブ フレデリックハリスギャラリー)
2015「しょうぶ学園 nui project のシャツ展」(東京 イオグラフィック)
「みんなのアート展」(gihu イオgihuメディアコスモス)
「I have a dream presents つながる - 縁
しょうぶ学園 = IO GRAPHIC × Gallery Gallery × mina perhonen + shop 22」
(京都、愛知 IO GRAPHIC、Gallery Gallery、mina perhonen、shop 22)
「終わりのない着地展」(鹿児島 黎明館/鹿児島県民交流センター)
2016「かがやく色いろいろ展 しょうぶ学園の表現」(宮崎 みやざきアートセンター)
「BORO(ぼろ)の美学 野良着と現代ファッション」(神戸 神戸ファッション美術館)
「as we are : 描く コト と、縫う コト しょうぶ学園展」(東京 ルーサイトギャラリー)
「TURNフェス3」(東京 東京都美術館)
2018 しょうぶ学園展 NO FEELING & NO HEART = NO DESIGN」(島根 群言堂)
「POOL POP UP SHOP」(東京 銀座三越)
「しょうぶ学園のアート」(北海道 kita:kata Gallery)
「12月 に 赤いネコ7個 と NUI50 の ・・・・・・メリークリスマス」(東京 DEE'S HALL)

映画「幸福は日々の中に。」

しょうぶ学園ドキュメンタリー映画「幸福は日々の中に。」2016年7月より全国順次公開しております。

下記、幸福は日々の中に。公式HPより

作品紹介

改めて自らを見つめ直す73分。

園生が楽器を弾き、叩き、叫ぶ otto & orabu 、ひたすら布と糸と遊ぶ nui project 、そして魅力に溢れた多様なクラフトワーク。美しい園内には、アトリエに加えて、カフェレストラン、ベーカリー、蕎麦屋が点在し、今日も園外からのお客様が引きも切らない。ここには、これまで私たちが見たことがない風景が広がっている。2014夏に開催された東京都美術館の展示における衝撃はいまだ記憶に新しい、鹿児島しょうぶ学園。きれい事ではすまされない福祉事業の運営において、しょうぶ学園が取り組んできた活動は、今を生きる私たちにさまざまな問いを投げ掛ける。普通ってなに?優しさってなに?90年代に伝説となったインディペンデント映画「ステップ・アクロス・ザ・ボーダー」を制作したドイツ人映像作家ヴェルナー・ペンツェルと、「島の色静かな声」(08)を制作し、写真家でもある茂木綾子による共同監督作品。

>>幸福は日々の中に。公式HP

>>幸福は日々の中に。FB

>>幸福は日々の中に。twitter

上映スケジュール

「幸福は日々の中に。」公式HPよりご確認ください。

>>幸福は日々の中に。公式HP

 


Copyright © Shobu 2009 All Rights Reserved.