SHOBU(しょうぶ学園)
topimage
| NEWS | SHOBU STYLE | キャンパスデザイン | 太陽会 | お問い合せ | 募集案内 | リンク | サイトマップ |

ささえあうくらし 地域生活支援センター しょうぶ学園 Do しょうぶ つくりだすくらし 工房しょうぶ 作家と作品 クラフトワーク nui project otto & orabu つながりあうくらし パスタ&カフェ Otafuku パン菓子 ポンピ堂 そば屋 凡太 地域交流スペース Omni House クラフトショップ ル・デポ Sギャラリー   企画・イベント 展覧会 出版物プレスEnglish site
SHOB FRIENDSHIP CLUB twitter shobu_facebookgood_design good_design

しょうぶ学園文化芸術センターアムアの森

しょうぶ学園では、文化芸術活動を軸として、子ども・障がい者・地域住民の主体的な活動を推進するため、障がい者福祉事業と組み合わせた新しいアートセンターの開設をめざしています。
※2019年9月よりオープンしております。

開設に伴い、ご利用者、スタッフ募集中です。

※詳細は上記バナーをクリック

title

お知らせ

【消費税増税に伴う店舗メニューの価格変更について】

日頃よりしょうぶ学園内そば屋凡太、レストランOtafukuをご利用いただきありがとうございます。
10月1日よりレストラン営業時間(オーダーストップ)の変更と、そば屋・レストランの消費税増税に伴う値上げをいたします。

<レストラン営業時間>
変更前11:00〜17:00 → 変更後11:00〜16:00

<オーダーストップ時間>
●お食事 変更前 16:00 → 変更後 15:00
●スイーツ、ドリンク 変更前 17:00 → 変更後 16:00

<そば屋・レストランの値上げ>
●そば屋/ 食事メニュー 一律50円値上げ
●レストラン/ パスタメニュー 一律50円値上げ
*パン・菓子ポンピ堂については従来通りの価格となります。
以上、どうぞよろしくお願いいたします。

社会福祉法人太陽会 平成30年度収支決算報告書

社会福祉法人太陽会 平成30年度収支決算報告書を下記リンク先に公表させて頂きます。

>> 社会福祉法人太陽会 平成30年度収支決算報告書

職員紹介ページができました!

しょうぶ学園の職員を紹介するページが完成しました。

>> 職員紹介

しょうぶ学園の英語サイトがスタートしました。 SHOBU 's English site has started.

>> SHOBU 's English site

しょうぶ学園では樹木の寄付を募っています

樹木の寄付について

しょうぶ学園では、寄贈樹木の受入れを行っています。山林開発による不要樹木や引っ越しや改築のため、ご家庭で育てられなくなった樹木を相談のうえ引き取り、施設などで活用させていただきたいと考えています。

お問い合わせ先

【しょうぶ学園】
鹿児島市吉野町5066
電話:099-243-6639
Email:info@shobu.jp
受付時間:月曜日〜金曜日(日曜、祝日を除く)9時〜17時

omni ギャラリー 期間限定 CLOSE のお知らせ

誠に勝手ながら、オムニハウス内 omni ギャラリーはしばらくの間、作品保管等に使用のため、CLOSEとさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。(2017.06.08 omni house)

※Sギャラリーは通常通り OPEN しております。

職員募集のお知らせ

しょうぶ学園では、現在職員の募集を行っております。詳細は下記リンク先ページをご覧下さい。

>> 募集案内

Pick up event

精神科医 タナカケン氏講演会
「オランダの精神科医療におけるアントロポゾフィー医学」

●日時:2019 年10 月20 日(日)14:30 開場 15:00 開演
●会場:しょうぶ文化芸術支援センター「アムアの森」B1F アムアホール
(鹿児島県鹿児島市吉野町4011-1)

《患者がほんとうの意味で回復、エンパワメントに到達するには》
鬱や不安障害を抱えた患者が精神科病院の門をくぐるとき、そこには「医師や医療スタッフに助けてもらいたい」という期待があります。
私たちリーフェグッド・クリニックのスタッフはそれを逆転させ「あなたが私たちの〈治療活動グループ〉の中で何かできることはありますか」という問いかけから対話を始めます。患者は安全で温かく、刺激に満ちたグループのなかで作業療法、アートセラピーなどを行いながら自分の居場所を見つけ、そこから健康な面が引き出されていくのです。
このようなオランダにおける精神科医療の過去5年の改革を例にとり、その成果が精神科医療の質や現場での実施状況にどのように結実しているかをご紹介します。

●アントロポゾフィー医学とは
アントロポゾフィー=人智学。人間を身体、心、精神の統合されたホリスティックなもの(全体性)として捉え、各個人の生き生きとしたあり方を尊重する考え方。自然治癒力を高めること、ライフスタイルを改善して患者自身が自らを癒す姿勢に向かうことをベースとしている。

●タナカケン氏プロフィール

1976年ドイツ生まれ。オランダで育ち、2005年アムステルダム自由大学医学部卒。その後、急性期の危機介入などの精神科医療、気分障害、老年期、パーソナリティ障害、リエゾン、妊産婦や子どもの精神科治療にあたる。オランダ司法精神医療施設で依存症の治療、FACTの活動にも携わっている。 2013年よりリーフェグッド・クリニックに勤務。

●チケット料金:大人(高校生以上) 1,000 円(税込み・自由席) *中学生以下無料

●チケット販売場所:
・しょうぶ学園webサイト:>>チケットご購入フォーム
・しょうぶ学園事務室ほか
*下記しょうぶ学園TEL・mailでも販売を承ります。

●お問い合わせ先:
しょうぶ学園 TEL 099-243-6639
mail:omni@shobu.jp
担当:小野・堀之内

●交通アクセス:
・JR鹿児島中央駅より
鹿児島中央駅・天文館方面から南国バス利用。吉野方面、中別府団地行き・宮之浦団地行きに乗車、菖蒲谷バス停下車。徒歩1分。(天文館より30分)
・鹿児島空港より
鹿児島空港より空港リムジンバス利用。鹿児島市内方面、吉野(早馬)バス停下車。南国バス乗り換え、
中別府団地行き・宮之浦団地行きに乗車、菖蒲谷バス停下車。徒歩1分。(空港より50分)

*駐車場の数に限りがございます。公共交通機関をご利用になるか、お車の場合はできるだけ乗り合わせでのご来場をお願いいたします。

地図

鵜木二三子展

日々胸の中にこっそり生まれるラブ&ハピネスを鵜木二三子が綴ります。彼女の魅力が止まらない絵画、陶芸作品がしょうぶ学園Sギャラリーに登場。期間中は、鵜木二三子関連クラフト作品も同園ショップにて販売いたします。お誘い合わせの上ご来場ください。

■日時:9月4日(土)〜10月27日(日)10:00〜17:00
*月・火 休み

■営業時間
10:00〜17:00

■会場
しょうぶ学園 Sギャラリー(鹿児島県鹿児島市吉野町5066)

■入場料
無料

■問い合わせ先
しょうぶ学園(TEL 099-243-6639)

映画「幸福は日々の中に。」

しょうぶ学園ドキュメンタリー映画「幸福は日々の中に。」2016年7月より全国順次公開しております。

下記、幸福は日々の中に。公式HPより

作品紹介

改めて自らを見つめ直す73分。

園生が楽器を弾き、叩き、叫ぶ otto & orabu 、ひたすら布と糸と遊ぶ nui project 、そして魅力に溢れた多様なクラフトワーク。美しい園内には、アトリエに加えて、カフェレストラン、ベーカリー、蕎麦屋が点在し、今日も園外からのお客様が引きも切らない。ここには、これまで私たちが見たことがない風景が広がっている。2014夏に開催された東京都美術館の展示における衝撃はいまだ記憶に新しい、鹿児島しょうぶ学園。きれい事ではすまされない福祉事業の運営において、しょうぶ学園が取り組んできた活動は、今を生きる私たちにさまざまな問いを投げ掛ける。普通ってなに?優しさってなに?90年代に伝説となったインディペンデント映画「ステップ・アクロス・ザ・ボーダー」を制作したドイツ人映像作家ヴェルナー・ペンツェルと、「島の色静かな声」(08)を制作し、写真家でもある茂木綾子による共同監督作品。

>>幸福は日々の中に。公式HP

>>幸福は日々の中に。FB

>>幸福は日々の中に。twitter

上映スケジュール

「幸福は日々の中に。」公式HPよりご確認ください。

>>幸福は日々の中に。公式HP

 


Copyright © Shobu 2009 All Rights Reserved.