SHOBU(しょうぶ学園)
topimage
| NEWS | SHOBU STYLE | キャンパスデザイン | 太陽会 | お問い合せ | 募集案内 | リンク | サイトマップ |

ささえあうくらし 地域生活支援センター しょうぶ学園 Do しょうぶ つくりだすくらし 工房しょうぶ 作家と作品 クラフトワーク nui project otto & orabu つながりあうくらし パスタ&カフェ Otafuku パン菓子 ポンピ堂 そば屋 凡太 地域交流スペース Omni House クラフトショップ ル・デポ Sギャラリー   企画・イベント 展覧会 出版物プレスEnglish site
SHOB FRIENDSHIP CLUB twitter shobu_facebookgood_design good_design

title

お知らせ

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら、所用により下記日程臨時休業とさせて頂きます。

・8月15日(水)
(パスタ&カフェ otafuku、そば屋凡太、パン菓子ポンピ堂 CLOSE)※クラフトショップデポのみOPEN
・8月18日(土)
(パスタ&カフェ otafuku、そば屋凡太、パン菓子ポンピ堂、クラフトショップデポ CLOSE)

どうぞよろしくお願いいたします。

社会福祉法人太陽会 平成29年度決算報告書他

社会福祉法人太陽会、公表書類、平成29年度決算報告書、下記リンク先に掲載しております。

>>社会福祉法人太陽会、公表書類、平成29年度決算報告書

しょうぶ学園の英語サイトがスタートしました。 SHOBU 's English site has started.

>> SHOBU 's English site

しょうぶ学園では樹木の寄付を募っています

樹木の寄付について

しょうぶ学園では、寄贈樹木の受入れを行っています。山林開発による不要樹木や引っ越しや改築のため、ご家庭で育てられなくなった樹木を相談のうえ引き取り、施設などで活用させていただきたいと考えています。

お問い合わせ先

【しょうぶ学園】
鹿児島市吉野町5066
電話:099-243-6639
Email:info@shobu.jp
受付時間:月曜日〜金曜日(日曜、祝日を除く)9時〜17時

omni ギャラリー 期間限定 CLOSE のお知らせ

誠に勝手ながら、オムニハウス内 omni ギャラリーはしばらくの間、作品保管等に使用のため、CLOSEとさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。(2017.06.08 omni house)

※Sギャラリーは通常通り OPEN しております。

職員募集のお知らせ

しょうぶ学園では、現在職員の募集を行っております。詳細は下記リンク先ページをご覧下さい。

>> 募集案内

Pick up event

しょうぶ学園展 NO FEELING & NO HEART = NO DESIGN

群言堂 様 DMより
針と糸から生まれる刺繍という技法の枠にとどまらない、力強い”思い”が形になったnuiプロジェクト作品をはじめ、多彩な作品を展示(一部販売)いたします。
結果、評価という概念のない、あこがれの「ものづくり」の原点がそこにありました。
会社設立30周年を迎えた今、原点を見つめなおし、しょうぶ学園の作品を通して作為よりも”思い”を込めることが何よりも心に響く力を持つことを感じていただければ幸いです。

会期:2018年7月7日(土)〜9月4日(火) 10:00〜18:00
水曜定休・祝日は営業※8月15日(水)は営業いたします。
場所:群言堂 石見銀山本店 2階 イベントスペース(観覧無料)
住所:島根県大田市大森町ハ183
TEL:0854-89-0077
mail:shop@gungendo.co.jp

>>群言堂 HP

九州のつくり手たちとしょうぶ学園展

「民藝」という言葉を聞いた事がありますか?
大正15年思想家柳宗悦を中心とした人達は、名もなき職人が生み出し、民衆が暮らしの中で使うもののなかにも美は宿ると提唱。「民衆的工藝」を略して「民藝」としました。

・作る人(職人)衒いのない誠心誠意の仕事。
・紹介する人(工藝店)丈夫で使いやすい正しい仕事を並べる。
・使う人(民衆)それらを選び生活に潤いを持つ。

「美と生活を結びつけることによって、われわれの社会や生活が豊かになる」という考えで、その活動を民藝運動といいます。

この度、しょうぶ学園で日本民藝夏期学校が開催される事になりました。
それに合わせて「民藝」を拠り所として、日々制作をしている九州の工人の仕事を展覧致します。
福岡から沖縄まで、地域の特性ある作品が並びます。

しょうぶ学園のみなさんの作品と共に、ご高覧の程ご案内いたします。

とき:2018年8月15日(水)〜9月16日(日) 10:00〜17:00
月火定休 入場無料
ところ:しょうぶ学園内 オムニギャラリーとSギャラリー

九州のつくり手たち展@オムニギャラリー

祐工窯 阿部眞士(福岡)
小石原焼 太田圭(福岡)
小鹿田焼 坂本創(大分)
小鹿田焼 黒木昌伸(大分)
小鹿田焼 坂本拓磨(大分)
小代焼ふもと窯 井上尚之(熊本)
まゆみ窯 真弓亮司(熊本)
龍門司焼 川原竜平(鹿児島)
野はら屋 佐々木かおり(鹿児島)
モリナ透明硝子工房 森永豊(鹿児島)
艸茅窯 川野恭和(鹿児島)
読谷山焼北窯 松田米司(沖縄)
読谷山焼北窯 松田共司(沖縄)
まさひろ工房 仲村まさひろ(沖縄)

しょうぶ学園展@Sギャラリー

偶然的なカタチの変化を伴いながらも、その人のカタチの偶然を繰り返す。
狂いのない一定のリズムと膨大な時間の経過によって偶然は必然に変化し、
制作者の自画像となっていく。しょうぶ学園のメンバーによる作品展。

NHK Eテレ 「u&i」にて、しょうぶ学園 otto & orabu の楽曲を使用していただきます!

5.26(土)午後4:30〜 放送!!

下記「u&i」公式ホームページより抜粋

番組紹介:「u&i」は発達障害などの困難があるこどもたちの特性を知ることで、多様性への理解を深めるこども番組です。メインパートは、こどもと妖精の対話劇。困難のある友達の”ココロの声”に耳を傾けながら、その悩みや特性を知り、どうしていくのがいいかを考える力を身につけていきます。

音楽について:音楽提供 otto & orabu 鹿児島にある障害者の支援施設「しょうぶ学園」で結成された音楽グループ。足並みが揃わない頑強にずれる音や不規則な音を特徴としたパーカッションと、叫びのコーラスorabu(おらぶ=鹿児島弁で「叫ぶ」の意)が独特の空間をつくります。
今回、音楽を担当するサキタハヂメさんと otto & orabu がコラボレーション。サキタさんが自ら作った曲に otto & orabu がコラボレーション。

>> u&i 番組公式ホームページ

映画「幸福は日々の中に。」

しょうぶ学園ドキュメンタリー映画「幸福は日々の中に。」2016年7月より全国順次公開しております。

下記、幸福は日々の中に。公式HPより

作品紹介

改めて自らを見つめ直す73分。

園生が楽器を弾き、叩き、叫ぶ otto & orabu 、ひたすら布と糸と遊ぶ nui project 、そして魅力に溢れた多様なクラフトワーク。美しい園内には、アトリエに加えて、カフェレストラン、ベーカリー、蕎麦屋が点在し、今日も園外からのお客様が引きも切らない。ここには、これまで私たちが見たことがない風景が広がっている。2014夏に開催された東京都美術館の展示における衝撃はいまだ記憶に新しい、鹿児島しょうぶ学園。きれい事ではすまされない福祉事業の運営において、しょうぶ学園が取り組んできた活動は、今を生きる私たちにさまざまな問いを投げ掛ける。普通ってなに?優しさってなに?90年代に伝説となったインディペンデント映画「ステップ・アクロス・ザ・ボーダー」を制作したドイツ人映像作家ヴェルナー・ペンツェルと、「島の色静かな声」(08)を制作し、写真家でもある茂木綾子による共同監督作品。

>>幸福は日々の中に。公式HP

>>幸福は日々の中に。FB

>>幸福は日々の中に。twitter

上映スケジュール

「幸福は日々の中に。」公式HPよりご確認ください。

>>幸福は日々の中に。公式HP

 


Copyright © Shobu 2009 All Rights Reserved.